リハビリテーション

リハビリテーションでは、外来によるリハビリテーションと入院中の方のリハビリテーションを行っております。
理学療法士が主体となり、常に患者様を中心に考え、医師や看護師と連携し、チーム医療に取り組んでいます。
術後間もない方や痛みに苦しむ方々のQOL(生活の質)ができる限り向上するよう努力してまいります。
一人ひとりの状態に合わせて治療や訓練を提供し、心身機能の回復のみではなくQOLの向上や心の安らぎとなる時間を過ごして頂けるようなリハビリテーションの提供を目指しています。

機械(物理)療法

ホットパック・頸椎牽引・腰椎牽引・マイクロウェーブ・低周波などの機器や器具を用いて痛みやしびれの軽減をします。

▼ホットパック
温めたホットパックをタオルで包み患部に当てます。 温めることで患部の血行がよくなり、関節のこわばりや痛みの緩和、筋のこり改善に効果があります。

▼腰椎牽引
イスに座って自動的に引っ張り腰のストレッチします。腰痛症、坐骨神経痛などに対して行われます。
▼頸椎牽引
こちらもイスに座って首肩を引っ張りストレッチします。肩こり、頚腕痛などに対して行われます。
▼マイクロ波治療
内部より温め、血行を促進し痛みを和らげる効果があります。

▼低周波治療
体内の浅いところに流し、痛み腫れを和らげます。